くせ毛を改善するときに縮毛矯正やストレートパーマを使ったりして改善することが出来ますが、何度も行っていると髪が痛んできたということもあると思います。
どうしても強いパーマ液などを利用することになるので、ダメージがひどくなります。

痛んでしばらくそうしたおとが出来ないというときにが、髪を痛めずにくせ毛を治すシャンプーの仕方を試してみてはいかがでしょうか。
シャンプーをするときには使用する量をすくなく、そして時間を短くします。
すすぐときは十分にシャンプーが落ちるようにしっかりと洗い流し、洗い終わったらお湯に浸して固く絞ったタオルで頭皮と髪の毛の水分を十分に吸収させましょう。

髪を乾かすときには、タオルで頭皮の水分を吸収してください。
髪の毛を優しく包み、抑えるようにして髪の毛の水分を吸収させましょう。
ドライヤーは遠くから風を髪の毛の中に送り、頭皮を乾燥させましょう。

シャンプーの仕方をかえるだけで改善されるのか気になると思いますが、意外と効果的なのですよ。
ノンシリコンシャンプーを使ったりして、くせ毛を改善していきたいですね。

重要なのは髪の保護

美容師さんってすごいですよね。
どんなにくせ毛のお客さんでも、ストレートパーマや縮毛矯正をしたわけでもないのに、ブローだけで扱いやすい髪質に変化させてしまうのです。
普段自分で髪を乾かしただけではくせ毛の特徴が如実に表れてしまうのに、髪を切った直後などはどうして真っ直ぐの髪になるのだろう・・・と疑問に思っている人は多いはず。
これこそが、さすがはプロ、といったところでしょうか。

確かに、美容師さんはそうなるための経験を積んでいますから、ブローひとつとっても丁寧かつ上手なものです。
ヘアブラシとドライヤーをあのように同時に使いこなすのを、素人が真似しようとしてもなかなか上手くいかないもの。

ですが、こういった技術ばかりがくせ毛対策になるというわけではありませんし、裏を返せば特別なことをしているわけでもないのです。
特別・・・というほどではありませんが、商品選びで注意したいのは以下の2点のみ。
ひとつは、コンディショナーをくせ毛用にすること。
もうひとつは、洗い流さないトリートメント等を熱から髪を守るタイプのものを選び、ドライヤー前に髪に馴染ませることです。

シャンプーは特別なものでなくて構いません。
重要なのは、洗髪の際には頭皮をしっかりと洗うこと。
ドライヤー前のトリートメントは特に重要で、湿った状態の髪に熱をあてるのは髪が痛む原因になるため、それを防ぐためにトリートメントが必要になるのです。

・・・これらは美容院で行っている方法と異なる部分もありますが、共通点としてはいかに髪を保護するかという点に尽きるでしょう。
ただ乾かせば、ただブラッシングすれば良いというものではなく、髪に良いことと悪いことを知ったうえで効果的な方法を実行しなくてはなりません。
これは、プロならではの技術がなくても、自分で自宅ででも行えることなのです。